精力増強!バイアグラ

バイアグラで勃起不全を治そうと頑張る男性のイラスト

バイアグラを服用した時に起こる体内での変化は、多くの臨床試験から科学的なデータが立証されています。すでに薬品の特許が切れてジェネリックが販売されるようになり、今では手軽に勃起不全を治せる時代になりました。あなたも一度は使ってみませんか?

バイアグラって本当に効くの?日本でも買えるの?

バイアグラは世界で初めてEDの治療薬として開発、販売された飲み薬で、服用すると勃起できない、あるいは勃起がしづらい人でも性的な刺激や興奮によって健康な時と同じように力強い勃起ができるようになります。有効成分はシルデナフィルと呼ばれ、PDE5と呼ばれる酵素活性を阻害する作用を持ちます。男性器が勃起するには外部からの刺激を受けるか興奮する必要があり、その刺激を受けた脳は陰茎へと伝達することで、勃起を促すcGMPと呼ばれる物質を分泌するようになります。cGMPは海綿体の血流を調節する括約筋を緩める作用があり、これによって血液が流れ出して勃起するようになりますが、同時にPDE5が分泌されるようになります。本来は射精をするか興奮が静まることで分泌されるのですが、EDの人はPDE5の分泌量が多く、この酵素によってcGMPが分解されて勃起した男性器が萎えるようになります。バイアグラを服用することでPDE5の働きを抑え、cGMPが通常通りの働きをすることで、健康な時と同じように勃起ができるという仕組みです。初めて販売されたのは1998年、アメリカから販売されましたが画期的な治療薬として世界中で話題となり、日本でも個人輸入代行業者によって輸入されるようになります。翌年には日本でも認可され、医師の処方薬であるため薬局などで購入することはできませんが、泌尿器科や専門のクリニックなどで診察を受ければ誰でも購入が可能です。ED治療薬は個人差があるので、人によってはあまり効果が出ないというケースも少なくありません。また、使用にも注意点が多いので、初めて利用しようと考えている人は、必ず医師の指示に従って飲むようにしましょう。

バイアグラのジェネリック医薬品って何がおすすめ?

バイアグラは特許が切れたことから、有効成分のシルデナフィルを利用したジェネリック医薬品が世界中から販売されています。画期的な治療薬として販売され、世界的に有名だったため、その数はすでに数え切れないほどの種類が用意されています。どの薬を選ぼうか迷っている人は、まず国産か海外産のどちらを使うかを考えると良いです。国産なら医師の処方で購入出来ますし、安心して利用できる点が強みとなっていますが、たとえジェネリック医薬品であっても1錠1,000~1,200円ほどと、まだまだ薬価は高い傾向にあります。用意されているのは25mgと50mgの2種類で、どちらも値段の違いはないので、25mgを使用するなら、あえて50mgを購入してピルカッターで半分にして使用するとお得になります。海外製は特にインドが開発する薬が人気で、1錠あたり300~500円程度の薬価、一般的には100mgで流通しています。100mgは成人でも強すぎる容量なので、必ずピルカッターで半分にすることが必須となりますが、とても安く利用できるのが特徴です。錠剤だけでなく水に溶かして飲む発泡剤やゼリー状、トローチ、チュアブルタイプなど、フルーツ味のついたものもあるので、飲みやすさを考慮するなら断然こちらのタイプがおすすめと言えます。最近ではシルデナフィルと早漏治療薬のダポキセチンを配合した錠剤も販売されており、EDだけでなく早漏にも悩みを抱えている人は、複合タイプの錠剤を購入すると良いでしょう。海外製のバイアグラジェネリックは日本では流通していないので、個人輸入によって購入することになりますが、中には悪徳業者もいるので、購入する際は十分に注意をしましょう。

EDじゃないのにバイアグラを飲むとどうなるの?

勃起不全症(ED)とは文字通り勃起が起こりにくくなってしまった状態をいいます。勃起不全症を発症する原因には様々なものがあります。例えば、糖尿病、高血圧などの生活習慣病による動脈硬化の進行、下腹部の手術、外傷歴、精神的要因、中枢神経系の異常などが勃起不全症を引き起こすことがあります。こういった勃起不全症に対して用いられる治療薬としては、バイアグラ、レビトラ、シアリスが挙げられます。この3つの医薬品はいずれも同じ作用機序を有しています。具体的に説明すると、血管平滑筋でホスホジエステラーゼVという酵素の働きを阻害することによってサイクリックGMP(cGMP)の濃度を上昇させ、これによって血管平滑筋の弛緩が起こります。すると血管は拡張するので血流が改善します。すると陰茎海綿体により多くの血液が流入するようになり、結果として勃起を引き起こしやすくなるのです。しかし、陰茎部以外の血管も拡張してしまうため、心疾患を持つ方には特に注意が必要な薬であり、頭痛、めまい、低血圧などの副作用を引き起こすことがあります。また、いずれの勃起不全症治療薬もCYP3A4という酵素によって代謝を受け消失します。よって、CYP3A4で代謝される他の薬剤と併用することで相互の作用を増強し、副作用を発現しやすくしますので、併用薬がある場合には注意が必要です。勃起不全症ではない方がバイアグラを服用した場合に関してですが、その場合、普段よりも勃起しやすい状態となります。また性行為が終わった後にも勃起状態が継続しやすくなる可能性があります。頭痛、めまい、低血圧などの副作用に気を付ける必要はありますが、特に服用しても問題はありません。